大人気スポット 美瑛白金青い池の観光ポイント

美瑛町は北海道のちょうど真ん中に位置する丘のまちです。なだらかな丘が幾重にも重なり、美瑛町ならではの風景を見ることが出来ます。田園風景とは別に、最近最も有名な観光地となっている池があります。

ここでは、北海道の中でも大人気スポット美瑛町「白金青い池」をご紹介します。青い池は、白金の土地が生み出した神秘的な池です。特に晴れた日の朝は、池が真っ青に輝き、まるで誰かが青く染めたのかと疑ってしまうほど。その白金青い池の観光ポイントを以下にまとめました。

美瑛青い池

美瑛駅からは少し離れた所にあり、車で20~25分程度かかります。

  • 美瑛駅:20〜25分
  • 旭川空港:30〜35分
  • 新千歳空港:2時間半

2012年7月にアップル社が壁紙に採用したことで全国的に一気に有名になりました。周辺の白ひげの滝などからアルミニウムを含んだ水が流れでおり、この滝が美瑛川の水と混ざると目に見えないコロイド状という粒子が生成され、それが太陽の光をまんべんなく散乱させることにより池が青く見えます。天気の良い日は、特に青く見えるます。青い池にある木々はカラマツ。枯れた様子が幻想的な雰囲気を作り出しています。

美瑛青い池冬

11月からはライトアップされる為、さらに幻想的な光景を見ることが出来ます。ただ、冬季の夜は冷え込む為、暖かい服装で出かけることが必要です。

大規模な駐車場が隣接していますが、夏場のハイシーズン時は、大渋滞となることもあります。早朝など人気が少ない時間帯を狙って訪れましょう。